答え1 先行報道がでたら、報道の真偽について開示する。

「投資者の投資判断に影響を及ぼすようであれば無視はできません。新聞社に抗議している場合ではなく、それより先にやることがあります。」

 

面倒でもその内容の真偽は  

 

「直ちに開示しなければならない。 

 

「直ちに」というのが大事。 

 

  適時開示は早朝、深夜という例もある。

 

 

 具体的には  

●開示例(東証 適時開示)

●参考

社長と芸能人との結婚などに関する報道であれば、適時開示の観点からは放置してもいい・・・」 

 

→ 東証 会社情報適時開示ハンドブック(2013年9月版)」53頁参照