答え8-2 訴訟の判決がでた場合には開示する。

一定の要件を満たせば第三者に訴訟が提起された場合には開示対象です。

判決が出た場合も同様です。 

  • 主な記載項目訴訟の提起(判決等)日
  • 経緯
  • 訴訟を提起した者の概要
  • 訴訟内容
  • 今後の見通し等

●開示例(東証 適時開示)

◎訴訟当事者の判決後の開示事例

原告 ほっかほっか亭総本部(ハークスレイ子会社)
被告 プレナス 

 

→係争事件の内容はこちら

最高裁での勝訴が確定し、ハークスレイは13億円の特別利益を計上すると発表。

□金商法の開示例

●参考

コメント: 0